忘れてはならぬ3.11

東日本大震災、福島第一原発事故から3年の今日、
久しぶりに横須賀中央駅Yデッキに議員団3人
井坂しんや団長、ねぎしかずこ議員、大村洋子が立ち訴えをおこないました。

2月末時点で死者1万5884人。震災関連で亡くなった方は、3000人に迫る数。
全国で避難生活を送っている方が約26万7000人。

被災地の復旧、復興を早く、そして原発をゼロに。あわせて、横須賀の原子炉もなくしていくそういうたたかいに引き続き力を尽くしていくことを改めて誓いました。

今日の横須賀はすごく風が冷たくて、でも日差しが多く、乾いた晴天でした。
14時46分。市役所前公園から。4本の旗はいずれも弔意を表す反旗掲揚でした。


2014蟷エ3+(5)_convert_20140311211425

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大村議員、以前、横須賀市の津波避難ビル政策の「遅れ」について指摘しましたが、
3月10日の神奈川新聞で、最新の神奈川県の津波避難ビルと高台の避難地の指定状況が載ってましたので、ご存じかどうか、ご紹介しておきます。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1403100013/

神奈川県の沿岸15市町では、合計津波避難ビル883件と避難地126件が指定されています。
そのうち、横須賀市は津波避難ビル6件と、避難地ゼロです。ちなみに避難ビル6件はすべて東京湾側にあり、大きな津波が予想される西海岸側はゼロです。
これは横須賀市が遅れている、あるいは手を抜いているわけでは無くて、高台があるから多くは必要無いということなのですよね?。お伺いしますが、このお考えにお変わりはございませんか?。

もちろん、私は遅れている、あるいは手を抜いていると思っています。
プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR