ビキニ被災60周年「放射能を浴びたX年後」上映会

016_convert_20140223142726.jpg

ビキニ水爆実験とは
1954年3月~5月に米国がビキニ環礁でおこなった水爆実験のこと。

核実験には
①水中核実験 水面下で行われる核実験。船舶やはしけが用いられる。
②大気圏内核実験 地上、海上、及び空中で行われる。
③大気圏外実験 大気圏外で行われる核実験。ロケットが使われる。
④地下核実験 地表面下の様々な深度で行われる。
この4つがあるという。世界では、1945年から核実験が2379回もおこなわれている。
012_convert_20140223142826.jpg

3.11福島第一原発事故後、放射能の人体への影響が取り沙汰されることが増えた。
でも、本当はもっと以前から、水爆実験でマグロ漁船員や、貨物船の乗組員などがビキニ環礁を航行中被ばくしていたのだ。1954年の4月20日には三浦市三崎で「水爆対策三崎町民大会」が行われた。
そのなかでは
公海自由の確保
治療、生活費の完全保障
災害補償の完全実施
原爆の禁止 の4項目が提起され
町民大会の名においてこれを闘いとるために断固闘う。 と決意している。

マグロのまちとして暮らしを立ててきた町民たちの怒りと闘いの熱を感じる。
014_convert_20140223143056.jpg

今年4月20日には市民ホールで「ビキニ被災60周年 三浦市民集会」がおこなわれる。
フクシマ以降、放射能に対する思いがそれ以前とは比べものにらないくらいに広がっている中で、もう一度しっかり原点に帰って考えることをしたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

マグロが安かった

ビキニ水爆実験の後、翌年あたりの昭和30年ころのマグロは放射能を心配して、マグロがまったく売れませんでした。
魚屋では捨て値でマグロが売られており、親しい魚屋が「安全だから」という言葉を信じて、毎日マグロを食べた思い出があります。
今庶民に売られているメバチマグロやキハダマグロではなく本マグロでしたので美味しかったのなんの。……美味しかったとの思い出があります。


ゴジラの足跡

水爆実験の後、水爆大怪獣「ゴジラ」の映画が出来ましたね。
「核の落とし子」「人間が生みだした恐怖の象徴」と評されました。
日本に上陸の場面が、「たたら浜」でしたね。
今でも、ゴジラの足跡は残されてますね。
ゴジラの滑り台は花の国へ移築されましたが、昭和46年ぐらいまでありましたね。
そのため、たたら浜は「ゴジラ海岸」と呼ばれていましたね。
11月でゴジラ上陸から60年になるのですね。


Re: マグロが安かった

実は、鴨居、小原台にも「放射能マグロ」を
廃棄して埋めたという話もあります。
神奈川県は補償額が全国一で、しかもそれが全て三浦三崎の
漁業関係者へのものだったと言います。
マグロが安くて美味しいのは良いのですが、
当時の漁師さんたちは辛い思いをされたことでしょうね。

Re: ゴジラの足跡

たたら浜が「ゴジラ海岸」と呼ばれていたのは知りませんでした。
浦賀駅のホームの音楽が「ゴジラ」ですよね。
プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR