TPPで国民皆保険制度が危ない!「シッコ」上映と岩上安身氏の講演

繧キ繝・さ蟯ゥ荳頑ー剰ャ帶シ・(2)_convert_20130525212106

マイケル・ムーア監督の2007年の「シッコ」を見ながら、
アメリカの格差医療やTPPで日本も国民健康保険が危ないという内容を学んだ。

「シッコ」はイギリス、フランス、キューバ、カナダなどそれぞれの
医療と社会保障の実態をリアルに描きながら、いかにアメリカの医療における社会保険が遅れているかということを告発している。

繧キ繝・さ蟯ゥ荳頑ー剰ャ帶シ・(8)_convert_20130525213830

映画の後にジャーナリストの岩上安身氏の講演があり、こちらのほうもTPPについての生々しい情報と本音の意見が聞けてとても面白かった。

面白いというにはあまりに恐ろしい内容で、TPPがこのまま進められたら、日本は間違いなくアメリカの属国になると感じた。
繧キ繝・さ蟯ゥ荳頑ー剰ャ帶シ・(21)_convert_20130525213624

今、「『アメリカ小麦戦略』と日本人の食生活」という本を読んでいる。
アメリカは膨大な小麦の在庫を戦後、手を変え品を変え日本に押し付けた歴史がある。
米の食事から麦の食事へ移行させるため「キッチンカー」なるものを走らせ学校給食に
パンを用いた。「キッチンカー」は表向きは当時の厚生省と農林省が仕立てたが、資金の出所はアメリカだった。
しかもアメリカは「キッチンカー」で行う料理には必ず小麦と大豆を使うように注文をつけた。
全国を走る「キッチンカー」には多くの女性が集まりこぞって欧米風の調理法で欧米風の料理をつくった。それが全国に広まった。

この本を読みながら、まるでTPPと一緒だなと思った。
いや、TPPと一緒というより、TPPが「小麦戦略」の発想を
より強力に露骨にしたものなのだろう。

アメリカという国は軍事面だけでなく、文化でも食でも
徹底して自分たちの都合で日本を利用してきた。
まったく良識ある日本人ならこんな売国的なTPPには絶対に加担しない。

岩上さんのお話で、一番シンプルでわかりやすかったのは
がん保険の話。
アヒルが出てくる「アフラック」というアメリカ資本の会社がいかにヒドいかということ。


繧キ繝・さ蟯ゥ荳頑ー剰ャ帶シ・(15)_convert_20130525220315

他の企業に比べダントツでクレームにより発覚した未払いが多い。
こんな企業は不誠実でしょ。

最後に言いたい。
あれほど昨年暮れの総選挙で、自民党は日本に不利となるTPPは進めないと言っておきながら、
もう完全にアメリカの言いなりになって進めている。ウソつきだ。
「公約を守らない政党がどうなるのか。」自民党はと民主党に言っていたことを
よもやお忘れではあるまい。

開国、開国と言って菅首相が露払いをやって
安倍首相がウソをついてまで、進めていく。
これでは壊国、売国、亡国だ。
どうしていつまでもアメリカのいいなりか。
まったく理解できない。

コメントの投稿

非公開コメント

米国の医療保険に関して

 BS放送のWOWOWで、月曜から金曜日の午後6時から7時まで、無料放送で、「ERVII」という救急病院を舞台にしたドラマがあります。
毎回ビデオに溜め込んでいますが、米国の医療保険の適用可否と診療をするべき患者と医師との葛藤が表現されています。医師個人と病院経営との矛盾が表現されるストーリーの時もあります。
医師の過酷な労働状況がよく理解できるストーリーの時もあります。
米国の恋愛事情・貧困層の実態がおぼろげながら想像できる内容の時もあります。なかなか面白い番組ですよ。
 
 沢山海外から保険が輸入されましたが、米国の保険会社の保険は、他の外国よりも、約款という契約が会社側に有利に作られています。
弁護士が他の国々に比べ高収入を得ている国です。法律の隅々までも追求します。例えば癌の支払いなどの場合、日本ですと医師が癌の診断をしていれば支払いの対象になりますが、米国の会社の場合、保険会社が指定した癌の認定方法で、医師が診断した場合となっています。
 不払いが多いのは、「告知義務違反」を理由の場合が多くあります。
日本の場合、保険のおばちゃんが中に入りますので、言った言わないの場合、示談支払いがありますが、外国の会社の場合、契約締結権のない代理店ですので、会社に直接告知していないと、「告知義務違反」で契約は解除となり、支払いも掛け金の返却もありません。実はこれが保険会社にとって一番儲かる仕組みなのですが。
 病中契約ができないのですが、ちょっと風邪気味でも申し込む場合がありますが、約款では病中契約は「告知義務違反」となります。

 

No title

シリーズのドラマを観るのはけっこう好きですが、
残念ながら、WOWOWには加入していないので観れません。
アメリカのドラマは展開が早くて、洞察力が試されます。

保険会社が口八丁手八丁で勧める保険商品は
私はどれも胡散臭くて相手にしません。
かんぽの終身年金保険には入っていますが、
それだけです。

プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR