第60回浦賀みなと祭

001_convert_20120818204844.jpg
 
日中は雷と土砂降りで大変だったが、夕方5時、浦賀のみなとは穏やかだった。渡船に乗るお客さんもいつもより多い。

002_convert_20120818205155.jpg

はじめに関東大震災受難者慰霊法要。

004_convert_20120818205434.jpg

その後、水難者、引揚船関連戦病死者及び浦賀・鴨居地区の戦争犠牲者の慰霊法要。浦賀からは65万人の引揚者があった。コレラの蔓延で上陸できなかった人々もたくさんいる。同じ引揚の歴史を持つ舞鶴市には記念館があり、視察に行ったことがあるが、本来ならば浦賀にも歴史観や記念館を設置し後世にしっかり伝えるべきだと思う。今回で60回を迎えることを機に浦賀・鴨居地区の戦争犠牲者の慰霊法要も行うこととなったという。

008_convert_20120818210215.jpg

浦賀港引揚記念の碑前で奉納舞


035_convert_20120818210559.jpg

暗くなってからは、花火が上がり詰めかけた人々を楽しませた。浦賀の花火は三浦半島で一番はじめに行われたというから今でこそ海岸線がある町々ではどこでも行われているけれど、浦賀が先陣を切ったってことで、すごいなぁと思った。それはたぶん、まちに活気があった、お金や住民の力もあったってことだろう。


045_convert_20120818211144.jpg

大灯篭。中島三郎助。

海からも釣り船に乗ったお囃子が巡っていた。川のような海の対岸は東浦賀。遠方には房総半島を望む。このロケーションは浦賀ならでは。浦賀小学校と高坂小学校の児童が描いた小さな灯篭も夕闇にたくさん映えていた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR