オリンピックと人生を重ねて振り返ってみる

オリンピックが日本時間で土曜の早朝からスタートした。
開会式を生中継で全部見た。
牧歌的な田園風景から、産業革命を経て、現代のデジタルの世界まで
007やハリーポッターやMr.ビーンやポール・マッカートニー、
イギリスが誇る文化が随所にちりばめられた素晴らしい演出だった。

オリンピックイヤーはうるう年で4年に1度。過去を振り返ると
2008年北京
2004年アテネ
2000年シドニー
1996年アトランタ
1992年バルセロナ
1988年ソウル
1984年ロサンゼルス

自分自身の人生のいろいろと重ね合わせると
面白いなと気づく。

84年のロス五輪、当時20歳の私は実家でオリンピック三昧だった。
交通事故で骨折し、2か月半の入院生活のあと、することもなくただ、テレビに遊んでもらっていた。
88年のソウル五輪、この夏は冷夏だった。切迫流産の危険があったもんだから、このときも家でゴロゴロしていた。96年アトランタ五輪の8月31日、私は離婚して横須賀へ来た。2008年北京五輪の夏は、その年の10月に発症するクモ膜下出血の兆候が出て体調の悪い日が続いていた。

振り返ると、ずいぶん悪いことばっかだなぁ・・・。(トホホホ・・)

ふと、生まれてから、今日は何日目かなと思って調べてみた。
すると、17378日目であることがわかった。
だからって、どうということもないけれど、
日々の暮らしを無駄にしない戒めに少しはなるかなと思う。
オリンピックが自分の人生の節目と重ね合わせ振り返る機会となった。
これをご覧いただいているあなたも
振り返ってみては?

200を超える国と地域から集うオリンピック。
今回はすべてから女性の選手が参加しているというし
スポーツを通じて世界中が一つになるというのは
平和を目の当たりにできる素晴らしいイベントだと思う。

imageCAGLCMYZ_convert_20120730084654.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お早うございます。今日も暑いですね。水分をよくとって休みましょう

オリンピックの年は未だに冷や汗が出ます

昭和43年(1968)メキシコオリンピックの時、10/12~27日の期間中、午前中オリンピックを見てから出社したため、毎日遅刻で、毎日上司に注意を受けていたことが思い出されます。
それでも、定期昇給はあり、定期昇格も乗り遅れることもなく、のどかな会社生活でした。
会社が倒産もしくは吸収合併の危機から脱出した直後だったためかも知れませんが、よく定年まで勤務できたと、今思うと、オリンピックの年になるとぞっとしています。

No title

鈴木友弘さん
コメントありがとう!
あなたこそ、身体をいたわってね。

No title

tanimotoさん
毎日遅刻、毎日上司から注意。ですか。
いい根性してたんですね。
むしろ、若き日のおおらかなご自分の性格に
ほくそ笑むべきではないですか。
プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR