安否確認

一昨日、救急車で運ばれ入院しているAさんから
「一人になってしまった弟の安否確認をしてほしい。」と連絡があった。


それで、今日、共産党の仲間と一緒に弟さんに会いに行った。

安否確認という言葉から、ただならぬ気配を感じていたけれど
弟さんは思っていたより大丈夫だった。

弟さんは知的障害があり、
身体的にも病気があり自分で
ご飯を炊いたり、洗濯をしたりができない。

隣家の方が連絡をしてくれたおかげで、
兄が入院後、地域の民生委員が訪ねてくれていた。

しかし、その際弟さんは出られなかったようで、
民生委員さんはメモをおいていかれた。

電話をすると、軽快に受け答えをしてくれ、
とても信頼のおける方だった。

私たちは弟さんに了解を得て、台所に入り冷蔵庫内を見せてもらった。
賞味期限の切れたたまごが数個、期限の切れていない牛乳パックが1本
バナナが6本、ブロック栄養剤などもあった。

バナナは兄さんの友人が訪問してくれた際に持ってきてくれたのだとか。

入院中の兄さんは私以外にも、弟のことを頼んでいたらしかった。

その場で兄さんに電話をし、弟さんの声を聞かせた。
とりあえず、安心したようだったから良かった。

その後両隣のお家の方にあいさつに行き、事情を説明した。
民生委員さんに連絡してくれた隣家の方は笑顔でホッとされていた。

隣家の方といい、民生委員さんといい、兄さんの友人といい、
なかなか、捨てたもんじゃない。

孤立死、無縁死、餓死など痛ましい事件がなくならない。
制度や法律はもちろん整備されなければならないけれど、
一番は地域のコミュニティだと思う。

議会だ選挙だと日々忙しいけれど、
いのちと健康が最優先されなければならない。
それを肝に銘じて活動していきたい。

IMG_4601_convert_20130531222232.jpg
プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR