高機能消防指令システム

003_convert_20130328203104.jpg

横須賀市消防局内にある「横須賀市・三浦市消防指令センター」を見学しました。
このたび、高機能指令システムの整備が完了し4月1日から共同で本格的に運用開始するとのこと。

実際にデモンストレーションを見せてもらったのだけれど、「すごい!、すごい!」の連発だった。
横須賀市でも三浦市でも119通報はすべてここにつながる。
通報してきた人は家電なのか、携帯なのかにかかわらずすべて発信地表示が大画面でディスプレイされる。
そして、発信地に一番近い消防署所へ自動的に予告指令を出す。
しかも消防署所だけではなく、リアルタイムで災害場所に一番近い車両の選別・編成を行い出動指令を出すという。
早く行ける車両には番号がふられ、目的地までの時間も秒単位で表示される。
さらには発信場所居住者の要介護者などの情報までインプットされ表示される。
情報は福祉と連動されていて、1か月ごとの更新だそうだ。

006_convert_20130328205754.jpg

出動する消防車両の様子までリアルタイムで映し出される。
今現在の気象状況も表示される。
1度に最大8か所の対応が可能とのこと。

2011年のデータだと
救急搬送は19,989人で市民の約21人に1人。
1日あたり60.1件。約24分に1回の割合で出場したこととなる。

消防隊は火災、災害、事故など合わせて3,557件に出動。
1日あたりだと10件の出動となる。

改めて、市民のいのちを守るため昼夜を問わず
消防局の職員は働いているということを実感した。

お疲れさまです。
ありがとうございます。
プロフィール

大村洋子

Author:大村洋子
大村洋子
50歳。横須賀市議会議員2期目。
暮らし、福祉、平和のため日々奮闘。
人と語り合い、本を読み、映画を観る。
駅で訴え、ニュースを書き、ブログを更新。
インプット&アウトプットの毎日。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR